MASSAGE

非現実な空間

現実で戦う身体

Unrealistic space

Fighting body in reality

GRANDSTONE代表の石垣剛史です。

私は23歳からパーソナルトレーナーという仕事を始め、たくさんの方のボディメイクのお手伝いをさせて頂いてきました。

その中で思うことは誰しも『自分の身体を自分で好きになりたい』と思っているということです。あたりまえのことかもしれませんが、この気持ちが一番大切です。自分自身を肯定できることで、人はもっと幸せになるはずです。

私たちの仕事は、お客様が今よりも自分のことを好きになり、今よりも自分に自信が持てて、今よりも現実で戦える身体と心を得てもらうことです。目的は人それぞれ違いますが、その方の目的に対して、真摯に向き合うことがパーソナルトレーナーの大切な部分だと思っています。

一人でも多くの方に自分自身を好きになってもらう為に、これからも『やる気になる環境』と『優秀なパーソナルトレーナー』のいるジムにしていきます。

GRANDSTONE 代表 石垣剛史

TOP